とは何本かの繊維撚り合わせ、1本の長い状態にしたものをいう。
繊維にはそのままの長さの状態でになるものと、工程を経てになるものがある。前者を長繊維(Filament fiber)といい、後者を短繊維(Stapel fiber)という。
織布によって組織されており、の特徴は織布の外観、性状、取り扱いに重要な影響を与えている。
糸番手の表記には恒重式(番手法)恒長式(デニール法)がある。

糸.jpg

関連項目 Edit

繊維
撚り
長繊維
短繊維
織布
糸番手
恒重式(番手法)
恒長式(デニール法)

あなたにおすすめ関連記事 Edit

関連書籍 Edit


出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

繊維種類・用語ページへ戻る
TOP PAGEへ戻る