粗裁ち

粗裁ちとは裁断しやすくするために、決められたそれぞれの縫い代付きパーツよりも広めに、大まかに裁断すること。また、仮縫いで大きく変更が予想されるとき、あらかじめ余分な縫い代をつけて裁断することも言う。

関連項目

あなたにおすすめ関連記事 Edit

あなたにおすすめ関連記事 Edit


出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

縫製・加工・プリントページへ戻る
TOP PAGEへ戻る