粗糸

粗糸とは紡績工程でをつくる時、スライバーからになる問の少し撚りのかかったごく太いのこと。スライバーを粗紡機という機械で引き伸ばしながら撚りをかけて粗糸をつくる。これを次の工程の精紡機にかけて所定の太さのに仕上げる。粗糸の太さは直径5~8mmぐらい。

関連項目


紡績
スライバー
撚り

あなたにおすすめ関連記事 Edit

関連書籍 Edit


出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

繊維種類・用語ページへ戻る
TOP PAGEへ戻る