直接捺染

直接捺染(ちょくせつなっせん)とは白地、あるいは色無地のプリント下地に糊を印捺し加熱処理する。その後に水洗いして糊を落し、模様を出したもの。
最も簡単な捺染で、染め上がりが安定し、生産効率も高い。白場の多いものは白色地型、濃色のものは濃色地方、淡いものは淡色地型と呼ばれる。非常に多用されている捺染である。

関連項目 Edit

捺染


出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

TOP PAGEへ戻る