異種交撚糸

異種交撚糸とは異素材からなる2本の撚り合わして1本のにしたもの。異素材からなる2本の撚り合わして双糸にしたもの。この特徴をあげるとつぎのようなものがある。
①染色性の違いによる異色効果、糸染め後染めともに杢糸効果がでる。組み合わせとしては、綿ポリエステル、レギュラーポリエステルとカチオン可染ポリエステルウールポリエステルポリエステルなど。
紡績糸フィラメントとのうど撚により上記の異色効果のほか、ソフトでシャリ感のある風合い、光沢などの効果が得られる。異デニール繊維によるの交撚、すなわち1.5dの30sと3dの30sとの交撚によって、3dで張り、腰を持たせ、1.5dで手ざわりのソフトさを出すなどの効果が得られる。

関連項目 Edit


撚り
双糸
糸染め
後染め
杢糸
綿
ポリエステル
ウール

紡績糸
フィラメント
デニール
繊維

あなたにおすすめ関連記事 Edit

関連書籍 Edit


出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

繊維種類・用語ページへ戻る
TOP PAGEへ戻る