異収縮混繊糸

異収縮混繊糸とは、同じ種類の繊維で熱収縮率の異なる合成繊維を混ぜ合わせた後、熱処理(ヒートセット)することにより得られたかさ高ののこと。
織り上げてから熱処理すると、縮み方の少ないものの方がふくらみ、乾いた手触りになる。また、断面や染色性も併せて異なるタイプを混繊したものもある。その様に仕上がったバルキーヤーンセーターなどに使われる。

関連項目

繊維
合成繊維
ヒートセット

染色
バルキーヤーン
セーター

あなたにおすすめ関連記事 Edit

関連書籍 Edit


出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

繊維種類・用語ページへ戻る
TOP PAGEへ戻る