畦編

組織 丸編 Edit

畦編とはリブ編と同義。 ゴム編とも呼ばれるものであるが、丸編で編まれる場合は、特にフライス編といわれる。
平編の表目と裏目がウェール方向(たて方向)に交互に配列される編み方で、そのためゴム編の名のように、平編よりもよこ方向によく伸びるという特徴をもっている。また、リブ編のリブという意味は「あばら骨」ということで、あばら骨の並んだような外観を現わすことからこのように呼ばれている。
平編のように耳が巻かず、そのため裁断しやすいのが特徴である。また平編と異なって、表と裏の区別がない。主な用途はセーター、下着、外衣、各種シャツ地などの袖口、裾ゴム、衿、その他付属品、靴下などであるが、それ以外に外衣用の生地(ジャージー)として広く使われる。

畦編.png

関連項目 Edit

ニット
丸編
リブ編
ゴム編
フライス
平編
ウェール
セーター
シャツ
シャツ

あなたにおすすめ関連記事 Edit


出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

生地種類・用語ページへ戻る
TOP PAGEへ戻る