とはウェール、リブ、コードともいう。織物ニットの表面に現れている盛り上がって見える筋(すじ)のこと。縦方向のを「縦」、橫方向に走るを橫という。
織物をつくる場合、縦方向の縦では、緯糸経糸よりも太いか、または数本引き揃えたものを使ってを現す。縦方向のが有る織物としてはコード織コーデュロイ)などがある。
英語表現にはウェール、リブ、コードのいずれを使っても良いが、ニットでは縦畝をリブまたはコードと言い、横畝は英語表現をしない。ウェールは「縦方向のループの列」の意味で使われるので、織物用語とニット用語では意味合いが異なってくるので注意が必要である。

関連項目

織物
ウェール
コード
ニット
緯糸
経糸|
コード織
コーデュロイ

あなたにおすすめ関連記事 Edit


出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

生地種類・用語ページへ戻る 
TOP PAGEへ戻る