留袖

留袖とは振袖よりも袖丈の短い小袖およびその着物を言う。振袖の振り部分を切り詰め、身八つ口を縫い塞いで、袖を留めたところからこう呼ばれるようになった。現在、地色が黒の黒留袖と、色物を用いた色留袖があり、既婚女性の式服として着用される。また、黒地に五つの紋を入れた黒留袖は略式の結婚衣装としても用いられ、柄は主に吉祥模様(祝いの柄)が使われる。

関連項目

民族衣装
振袖

あなたにおすすめ関連記事 Edit


出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

その他用語ページへ戻る
TOP PAGEへ戻る