琥珀織

琥珀織とははっきりとした横畝の現れた緻密な博多織に似た織物。経糸に諸撚り糸、緯糸に太糸をつかって平織にしたもの。
タフタと同じであるが、紋織の模様をタフタにする場合は琥珀地にするという。ドレス用素材に用いられる。

関連項目

織布
織物
平織

あなたにおすすめ関連記事 Edit


出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

生地種類・用語ページへ戻る
TOP PAGEへ戻る