玉縁明き

玉縁明きとはパイピングを用いた明きの総称。明きの端布をバイアス布や別布でくるんで縁取りしたものを指す。ポケット口や袖口、前明きなどに多く用いられ、特に玉縁の幅を同じにして突き合わせた両玉縁明きを指すことが多い。

関連項目

明き
パイピング
前明き
玉縁

あなたにおすすめ関連記事 Edit


出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

ディテール名称ページへ戻る
TOP PAGEへ戻る