片畦編

片畦編とはゴム編の変化組織で、表目1列、裏目l列のゴム編に、片側針列のタック編を重ね合わせた編地をいう。
通常のゴム編よりも重厚で、編地の表裏が異なる。2列の針をもつリブ編機でつくられる。

片畦編.jpg

関連項目 Edit

ニット
ゴム編
タック編
編地
リブ編

あなたにおすすめ関連記事 Edit


出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

生地種類・用語ページへ戻る
TOP PAGEへ戻る