片染め

片染めとは染色性の異なる複合繊維のうち一方を染色、一方を晒し糸のまま残す染色方法。
混紡糸、混紡・交織織物の片方の素材だけを染めたほうの素材を白で残すこと。

片染め.jpg

関連項目 Edit

染色
複合繊維
混紡糸
交織
織物


出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

TOP PAGEへ戻る