無撚糸

無撚糸とは撚りのかかっていないフィラメントでは撚りのないは一般糸としても多く使われている。しかしここでの無撚糸紡績糸である。
普通、紡績糸撚りがなければ、短繊維はばらばらになってにはならない。無撚糸をつくるには通常の撚りのある単糸と水溶性ビニロンフィラメントを合糸し、単糸撚りと反対の方向に単糸撚り数だけ撚りをかけて双糸にする。
その織物を織ってから熱湯に通して水溶性ビニロンを溶かせば無撚りの織物ができる。この織物撚りがないため、柔らかく、ふっくらとして肌ざわりのよいものとなる。無撚糸といっても始めから撚りのないをつくるのではなく、織物になってから無撚糸にするものである。

関連項目


撚り
フィラメント
紡績糸
短繊維
単糸
双糸
織物

あなたにおすすめ関連記事 Edit

関連書籍 Edit


出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

繊維種類・用語ページへ戻る
TOP PAGEへ戻る