溶融紡糸

溶融紡糸とは合成繊維紡糸法の一つで、ポリエステルナイロンなどの紡糸はこれによる。高温加熱により溶融されたポリマーが加圧されて細いノズルから押し出され、空気冷却されて繊維となる方法である。通常、繊維の断面は円形となる。

関連項目

繊維
合成繊維
紡糸
ポリエステル
ナイロン
ポリマー

あなたにおすすめ関連記事 Edit

関連書籍 Edit


出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

繊維種類・用語ページへ戻る
TOP PAGEへ戻る