浴衣

浴衣とは夏に着用する木綿の単長着のこと。もともと天皇や公卿が湯浴みするときに用いたの湯帷子が略されたものと言われる。江戸時代には銭湯が庶民生活に浸透し、木綿地の中形が着用されるようになったもの。はじめは湯上りとして家庭で用いられていたが、外出着として発展した。中形以外にも木綿の絞りや、綿縞、高価な縮緬で作られたものもある。

関連項目

民族衣装
木綿


縮緬

あなたにおすすめ関連記事 Edit


出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

その他用語ページへ戻る
TOP PAGEへ戻る