洗朱

洗朱とは、色味としては黄みのピンク、または朱色の淡薄色のこと。洗うという字が色名に付くと、薄い色の形容として洗紅、洗柿などがある。
染色で朱染めを洗いざらして淡くしたのではなく、始めから薄い朱色に染めた色なのである。主に江戸時代に流行した。

関連項目

朱色
色名
染色

あなたにおすすめ関連記事 Edit


出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

色名・柄・模様ページへ戻る
TOP PAGEへ戻る