注染

注染とはあらかじめ染まらない部分をつくってから染める防染手法のひとつ。
生地の表裏を同じ色で同じ柄に染め、台上に型紙で防染糊を塗る。未印捺の生地を出して印捺した生地の上に折って重ね、一反を染料注入台にのせ染料を上から下に流すことによって防染箇所以外が染まる。板締め防染とも呼ばれる。

関連項目

防染
染料

あなたにおすすめ関連記事 Edit


出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

縫製・加工・プリントページへ戻る
TOP PAGEへ戻る