法被

法被とは江戸時代の職人や駕籠かき、武家の中間などが着用した印半纏の事。腰から膝丈くらいで、主家の紋印などを染め抜いたものが用いられた。また、禅宗などで用いられる金襴の布や、裾に金襴などを付けた能装束を指す場合もある。

関連項目

民族衣装

あなたにおすすめ関連記事 Edit


出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

その他用語ページへ戻る
TOP PAGEへ戻る