江戸紫

江戸紫とは武蔵野に自生する紫草で染められたのことで、歌舞伎十八番で助六が占めている鉢巻の色としても知られる。京柴はみ、古代柴は灰みである。鮮やかな紫は今紫と呼ばれる。

関連項目


あなたにおすすめ関連記事 Edit


出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

色名・柄・模様ページへ戻る
TOP PAGEへ戻る