水撚り

水撚りとは撚りをかける時、を水の中に通した後に撚りをかける撚り糸の方法。
綿糸の場合、の強力が増すので撚りやすく、毛羽が伏せられて滑らかなとなる。
生糸の場合、強い撚りをかける時に水を通し、濡らすことによりセリシンを溶かして撚りをセットする(撚り戻りを防ぐ)ことができる。縮緬(ちりめん)の緯糸撚り糸に使われる。

関連項目


撚り
撚り糸
綿糸
生糸
縮緬
緯糸

あなたにおすすめ関連記事 Edit

関連書籍 Edit


出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

繊維種類・用語ページへ戻る
TOP PAGEへ戻る