極細繊維

極細繊維とは合成繊維で特別に細い繊維の事。
通常の紡糸方法では0.5デニール程度までが限界ともいわれる。一般的に使われる太さはステープルフィラメントも衣料用では1.5デニールの範囲であり、最も多く使われているのは1.2-3デニールである。
しかし、極めてしなやかで柔らかいタッチを求めていくと、1.0デニールよりも、もっと細いものが必要となってくる。極細繊維といわれるのは大体1.0デニール以下のもので新合繊などでは1.0~0.5デニールが使われる。
しかし、人工スエードやめがねふき用の布などは更に細い繊維が必要なため現在では0.001デニールまでの超極細繊維がつくられている。
この原理は、二つの成分を複合させて紡糸し、これを分割したり、一方の成分を溶解除去するという方法である。素材はほとんどポリエステルナイロンアクリルである。

関連項目

繊維
合成繊維
紡糸
デニール
ステープル
フィラメント 新合繊
ポリエステル
ナイロン
アクリル

あなたにおすすめ関連記事 Edit

関連書籍 Edit


出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

繊維種類・用語ページへ戻る
TOP PAGEへ戻る