染料

染料について Edit

染料を説明する上での原則として、以下三つにがある。
・色素:色があり、他の物質の着色に使用する事が出来るもの。
・染料:色素の内、染色法で染着が可能で、実用に耐えうる堅牢度を持つもの。
・顔料:色素の内、水に溶けないもの。繊維等に染着しない。

染料の分類 Edit

天然染料:原料は植物系、動物系、鉱物系。
合成染料:主原料はコールタールや石油系。

合成染料の種類 Edit

直接染料
酸性染料
バット染料
分散染料
反応染料
カチオン染料
蛍光白色染料
顔料樹脂染料

関連項目

染色
繊維

あなたにおすすめ関連記事 Edit


出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

縫製・加工・プリントページへ戻る
TOP PAGEへ戻る