朱珍

組織 朱子織 Edit

品質 Edit

朱珍とは繻珍とも書く。練絹織物であるが、緯糸に絵よこと称する色糸を使って、5枚または8枚の朱子組織や綾組織で紋柄を表わした美しいジャガード織物
柄を出す絵よこには何色もの色糸を使うが、物によっては金銀糸を使った豪華なものもある。朱珍はその昔、天正年間(1573-1592年)にヨーロッパから伝えられたもので、その名はオランダ語のSetin、すなわち朱子の語源である。朱珍の中で特に緯糸の色数が多く、複雑な柄のものを7色緞子という。朱珍の用途は主として帯用である。

朱珍.png

関連項目 Edit

織布
織物
朱子織

緯糸
ジャガード

あなたにおすすめ関連記事 Edit


出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

生地種類・用語ページへ戻る
TOP PAGEへ戻る