朱子織

朱子織とは組織点が隣接しないで1本のフロートしたが、最低4本のの上を通っている。その為他の組織と比べ長いフロートになる。
経糸がフロートしている組織を経朱子と言い、緯糸がフロートしている組織を緯朱子と言う。経糸もしくは緯糸どちらか一方が表と裏を構成している。
朱子織には多くの種類があり、ハーネスの数によって本数が決まり、最も少ない5枚朱子から8枚、12枚と織機の限度のハーネスまで構成出来る。フロートが長い為、外光をよく反射し光沢が生まれる。
朱子織は多くのものがフィラメントヤーンを用いている。これは光沢の良いを使用し、より一層光沢がある表面変化を狙う為である。

<特徴>
・表面がなめらかで最も光沢が出る組織
<欠点>
・耐久性に乏しい
・摩擦に非常に弱い
・密度を高くする事により耐久性を上げられるが、他の組織より地厚になり通気性が無くなる。
<代表的な素材>
ドスキンベネシャンサテン

朱子織.jpg

関連項目 Edit


基本三原組織
経糸
緯糸
フィラメントヤーン
ドスキン
ベネシャン
サテン

あなたにおすすめ関連記事 Edit


出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

生地種類・用語ページへ戻る
TOP PAGEへ戻る