暈繝彩色

暈繝彩色とは奈良から平安時代に発達した配色技法の一種で、白地の上に同系色相で段階的に配列し、ぼかしの効果を表現した手法を言う。グラデーション技法の一種。

関連項目

あなたにおすすめ関連記事 Edit


出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

色名・柄・模様ページへ戻る
TOP PAGEへ戻る