日焼け加工

二次的な仕上げ加工。カットソー等に用いられる古着風の色落ちを表現する加工法である。
反応染めされた綿素材へ漂白剤をスプレー吹き付けし、日焼けして色褪せた様な色抜きを施す。漂白剤をスプレーする為、1枚毎に仕上がりが変わってしまう事、加工に安定性が無い事を考慮する必要がある。
また、吹き付け量が多すぎると漂白剤は生地へ染み込み、広い範囲で漂白されてしまうので注意が必要である。

日焼け加工.jpg

関連項目 Edit

カットソー


出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

TOP PAGEへ戻る