既成服製造卸

既成服製造卸とは、アパレルメーカーの日本的俗称。既製服の企画/製造/販売(卸)などを行う業種。
生地など一次製品(素材・テキスタイル)を仕入れて既製服という二次製品に加工することから二次メーカーとも呼ばれ、戦後の草創記には<つぶし>などともよばれた。
日本では一般に製造部品を自社で行わず外部の工場に加工委託し、企画と卸売りのみを自社で行う業態が多い。ファッションメーカーを総称される場合もある。

関連項目

アパレルメーカー
二次メーカー

あなたにおすすめ関連記事 Edit


出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

ファッションビジネスページへ戻る
TOP PAGEへ戻る