振袖

振袖とは袖の長い小袖または長い袖を付けた着物を指し、長い袖が振り動くところからこう呼ばれるようになった。鎌倉時代から江戸時代にかけては、男女の別なく元服前に着用するものとされ、元服後は留袖を着用する習慣があった。現在の振袖は若い未婚女性の礼装用として定着している。袖の長さによって、大振袖、中振袖と区別され、大振袖は袖丈が約3尺(約114cm)の物を指すが、袂が裾と同じくらいの物を言う。中振袖はそれよりも約15~20cmほど袖丈が短いものを指す。

関連項目

民族衣装
留袖

あなたにおすすめ関連記事 Edit


出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

その他用語ページへ戻る
TOP PAGEへ戻る