拝み合わせ

拝み合わせとは、左右の重なる部分は無いものの、離れずに、布と布を付き合わせた形にすることをいう。
また、袖口のカフスの裏カフス同士を合わせて、両側からカフスボタンなどで留める方法も拝み合わせと呼ばれる。「突き合わせ」と呼ばれる場合もある。

関連項目

明き
カフス
カフスボタン

あなたにおすすめ関連記事 Edit


出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

ディテール名称ページへ戻る
TOP PAGEへ戻る