押し込み法

押し込み法とは合繊フィラメントをふっくらとしたかさ高な、すなわちテクスチャードヤーンにするための加工法の一つ。
高速回転するフィードローラによってフィラメントをスタッファボックスにおしこむと、ボックス内の繊維は次々と押し込み加工のモデル座屈を起こす。その状態で熱セットし、連続的に順次取り出して巻きとる方式。しかし最近は衣料用としては仮撚り法が主流になり、あまり使われない。

関連項目


フィラメント
テクスチャードヤーン
繊維

あなたにおすすめ関連記事 Edit

関連書籍 Edit


出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

繊維種類・用語ページへ戻る
TOP PAGEへ戻る