抗ピル加工

抗ピル加工とは生地表面の毛玉を起こりにくくする加工の事。合織は綿ウールなどの天然繊維よりも繊維が強く切れない為、布地表面の毛羽が着用時の摩擦によってからみ合い、毛玉ピル)になる性質がある。この毛玉を起こりにくくする加工が抗ピル加工である。
抗ピル加工には、あらかじめ長めの毛羽を切ってからガス焼処理をして布の表面の毛羽をできるだけ少なくする、布の表面を化学的に処理して毛羽のを弱くする、アクリル酸エステル系の樹脂を付けて繊維間の摩擦系数をあげ、毛羽立ちを少なくする等の方法がある。

関連項目

綿
ウール
天然繊維
繊維
毛玉
ピル
繊維

あなたにおすすめ関連記事 Edit


出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

縫製・加工・プリントページへ戻る
TOP PAGEへ戻る