抄繊糸

抄繊糸とは紙からつくったのこと。昔は三極(みつまた)などを原料として紙をつくり、これを細く切って、撚りをかけてにした。
現在では製紙されてロールに巻かれたものを輪切りにして1-30mmmくらいのテープとし、これに撚りをかけてにする。時により特殊な薬品を塗布して、光沢を持たせたり、を強くしたりする。近年は合成繊維によってすいた紙を使った丈夫なもある。

関連項目


撚り
合成繊維

あなたにおすすめ関連記事 Edit

関連書籍 Edit


出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

繊維種類・用語ページへ戻る
TOP PAGEへ戻る