手袋

手袋とは、手にはめるもので指が1本ずつ分けられたグラブと、親指だけ分けて作られたミトンとに大別される。これらは防寒、装飾、保護などの様々な目的のために作られるもので、その歴史は古い。
旧石器時代や古代ペルシャ、ギリシャ、ローマ時代にも、男性の手の保護のためや武具の一つとして用いられ、その後、ヨーロッパでは王侯や貴族などの装飾品として取り入れられるようになった。
女性が多く付けるようになったのは11世紀頃だが、その当時の手袋や革製で宝石などを施したものが多く、現在のようなシンプルなものになったのは19世紀頃とされている。

関連項目

アクセサリー
ミトン

あなたにおすすめ関連記事 Edit


出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

アイテム名称ページへ戻る
TOP PAGEへ戻る