感湿変色プリント

感湿変色プリントとは二酸化ケイ素(白色顔料)を混ぜた色顔料を用いたプリント
二酸化ケイ素は乾いている状態ではケイ素の白さが色顔料よりも強い為に白く見えるが、湿った状態ではケイ素が透明になり、色顔料による模様が浮き上がる。

関連項目

プリント
スクリーンプリント
顔料プリント

あなたにおすすめ関連記事 Edit


出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

縫製・加工・プリントページへ戻る
TOP PAGEへ戻る