恒長式(デニール法)

恒長式(デニール法)とは恒重式の逆で、標準の長さを決め、これが単位重量の何倍であるかによっての太さを表わす。
例として、[長さ450m]→[重さ0.05g]=[1デニール]という基準を決め、長さを変えず重さが変わる事によってデニールを設定する。
従って、デニールはが細い程デニール数が小さくなる。10デニールの非常に細いは薄い靴下に使われ、タイヤコード地の重い、太いは1000デニール程度にもなる。
100デニールナイロンは同じ長さの50デニールのよりも2倍の重さとなる。

繊維別基準値 Edit

  • 糸、フィラメント糸 標準長=450m(もしくは9000m)
    標準重量=0.05g(もしくは1g)

関連項目


糸番手
恒重式(番手法)

ナイロン

あなたにおすすめ関連記事 Edit

関連書籍 Edit


出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

繊維種類・用語ページへ戻る
TOP PAGEへ戻る