後染先染

後染先染とは「後染めによって、先染めの効果を出す」の意。
反染めによって、先染め織物のような色柄に染める事、またはそれによる生地を言う。染色性の異なる繊維で織った織物を一浴染め、あるいは二浴染めすることによって、先染め風の効果が得られる。期近生産、期中生産に対処するため、この方法がとられる事がある。

関連項目

後染め
先染め
反染め
織物
繊維
二浴染め

あなたにおすすめ関連記事 Edit


出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

縫製・加工・プリントページへ戻る
TOP PAGEへ戻る