干渉

干渉とは海の波のぶつかり合いの様に、異なった波長の色光がぶつかり合って影響し合い、強まったり弱まったりして様々な色が見える現象を言う。強まった時は明るく見える。シャボン玉の例では、表面の反射光と透明な裏側からの光がぶつかり合い、虹色の模様が見られる現象を言う。この色を干渉色と言う。

関連項目

あなたにおすすめ関連記事 Edit


出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

色名・柄・模様ページへ戻る
TOP PAGEへ戻る