帯電防止加工

帯電防止加工とは疎水性繊維である合成繊維の帯電を防ぐために行う加工のことで、一般に樹脂タイプのものが主流で、油剤や界面活性剤を生地に与えたりすることで効果を出す。
衣服の着脱の際に発生する静電気、静電気によってほこりが付着することを防ぐことができる。原料自体を改良することによって帯電を防止するものも見られる。

関連項目

繊維
合成繊維

あなたにおすすめ関連記事 Edit


出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

縫製・加工・プリントページへ戻る
TOP PAGEへ戻る