市松文様

市松文様とは白と黒などの二色を碁盤の目状に交互に並べた割付文様のことで、江戸中期の上方役者である佐野川市松が舞台で用いたことによって広まった。市松模様、ブロックチェックチェッカーボードとも呼ばれる。

関連項目

ブロックチェック
チェッカーボード

あなたにおすすめ関連記事 Edit


出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

色名・柄・模様ページへ戻る
TOP PAGEへ戻る