小紋

小紋とは小型の模様を布面に染め出した伝統的な型染めのことで、もとは江戸時代に伊勢の白子産の型紙を使い、片側捺染したものであった。
梅並みや立涌、篭目など幅広い種類がある。日本独特の石畳、うろこなどのモチーフを用いたものもある。京都の友禅染に対し江戸小紋とも呼ばれる。

関連項目

捺染

あなたにおすすめ関連記事 Edit


出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

色名・柄・模様ページへ戻る
TOP PAGEへ戻る