小倉

組織 綾織平織朱子織 Edit

品質 綿 Edit

小倉とは2/2の綾織が基本的な組織であるが、平織朱子織のものもある。本来は糸染めそれも白と黒、白と浅黄などの杢糸と、緯糸強撚糸を使うことによりしぼを出すが、綿織物でも同じである。左撚りヘ右撚りの強撚糸を2本交互に打ち込んだものは綿縮緬(ちりめん)、どちらか一方向のものを打ち込んだものは楊柳クレープとなる。
また後加工でクレープ効果を1~1ウエールたて編での編糸のつながりを使うが、後染めの無地のものもある。綾織のものはたて、よこに20/2-30/2番手の綿糸を使い、平織のものはたてに40/2-60/2番手、よこに10-16番手を使う。用途は綿服地で、昔は学生服地として冬は黒色、夏は霜降りが使われていたが、現在ではほとんど使われなくなった。小倉でつくられたのでこの名がある。カルゼ小倉とよく似ているが、3/1の綾織物というところが異なる。

小倉.png

関連項目 Edit

織布
織物
綾織
平織
朱子織
糸染め
杢糸

強撚糸
緯糸
縮緬
楊柳クレープ
後染め
カルゼ
綿糸

あなたにおすすめ関連記事 Edit


出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

生地種類・用語ページへ戻る
TOP PAGEへ戻る