増量加工

増量加工(ぞうりょうかこう)とは織物の重量を増す加工のことで、タンニン剤、金属塩を化学的に繊維に結びつけることでできる。スチレンなどを用いてグラフト重合させることもある。

関連項目 Edit


織物
繊維
重合


出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

TOP PAGEへ戻る