塩基性染料

塩基性染料とは水溶性染料で、染料イオンが塩基毒性を示すものの総称。歴史の古い合成染料で、もともとは綿などの染色に使われていたが、堅牢の悪いことから、新しい染料に変わり現在では衣料用としてはあまり使われなくなった。しかし同類のカチオン染料アクリル染料として多用されている。

関連項目

染色
染料
合成染料
綿

染色
カチオン染料
アクリル

あなたにおすすめ関連記事 Edit


出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

縫製・加工・プリントページへ戻る
TOP PAGEへ戻る