型紙捺染

型紙捺染(かたがみなせん)とは柿渋を塗って乾かした美濃紙に彫刻刃で彫った型紙を用いて捺染する技術のことで、型友禅とも呼ばれる。織物だけでなく捺染する場合もあり、これは織物になる。

関連項目 Edit

捺染
織物


出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

TOP PAGEへ戻る