型づけ浸染

型づけ浸染(かたづけしんせん)浸染によってプリントのような模様を表わす捺染方法の一種。
適当な媒染剤や染料吸収剤を加えて布地に印捺し、その部分だけ染着性が異なるようにし、浸染するとプリントのような模様が発現する。浸染捺染を併用させてプリント染めする方法

関連項目 Edit

染色
浸染
プリント
捺染
染料

関連書籍 Edit


出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

TOP PAGEへ戻る