吸湿加工

吸湿加工とは吸水加工ともいう。ポリエステルアクリルナイロンなどの合織は、綿ウールなどの天然繊維に比べて水分の吸収が極端に少ないので、洗濯後の乾きが早いという利点はあるが、反面、下着類では汗を吸いにくいとか、着心地が悪いという欠点がある。
またこのように水分率の低いことによって、静電気を帯びやすく、衣類着脱のときのパチパチという音や火花の発生、汚れやすいというような欠点もある。
これらを改良する目的で行われているのが吸湿吸水加工、または吸汗加工といわれる加工法である。それには撥水性の物質を共重合する方法、化学反応で繊維自体を改質する方法、繊維の表面を化学的に処理して親水化する方法などがある。
この吸湿加工は主としてスリップ、ブリーフ、ショーツナイトウェア、靴下などの下着類からシャツブラウスなどの中衣類に利用されている。

関連項目

吸水加工
ポリエステル
アクリル
ナイロン
綿

ウール
天然繊維
繊維
ショーツ
ナイトウェア
シャツ
ブラウス

あなたにおすすめ関連記事 Edit


出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

縫製・加工・プリントページへ戻る
TOP PAGEへ戻る