吉野織

吉野織とは畝織の一種で、織物の名前であるとともに組織の名前でもある。平織地にたて畝織またはよこ畝織を組み合わせて、または格子を表わしたもので、平織にたて組織をたてを表わすように配列したものを縦吉野、よこ組織をよこを表わすように配列したものを横吉野という。
また、たて緯糸を格子を表わすように配列したものは格子吉野という。吉野織織物が主で、着尺地、帯地などに使われる。
よく似た織物に真田織がある。真田織は綿糸を使い、地を平織、たての部分をはっきり出すためにたて組織を黒いにし、地の部分を黄色にしたものが多い。もともとは帯地に使われたが、その後ひも地に多く使われるようになった。

関連項目

畝織
織物
平織
畝織



着尺地
綿糸

あなたにおすすめ関連記事 Edit


出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

生地種類・用語ページへ戻る
TOP PAGEへ戻る