合成皮革

合成皮革とは、織物や不織物などを基布として表面にポリウレタンやポリ塩化ビニールなどの合成樹脂を塗布し、天然皮革に似せて仕上げたもので、人工皮革に比べると通気性や感触で劣る上、屈折にってよ表面が剥れやすいといった面もある。
しかしその一方で安価で軽く、耐久性、耐水性、もあり、外観や風合いはビニールレザーよりも革に近いとされている。人工皮革とはまた別の分野で育っている。英語で、シンセティックレザーという。

関連項目

皮革・毛皮
織物
ポリ塩化ビニール
人工皮革

あなたにおすすめ関連記事 Edit

関連書籍 Edit


出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

皮革・毛皮ページへ戻る
TOP PAGEへ戻る