右綾

右綾とは綾織物は表面に斜文線(ななめに走る線、綾線、綾目)が表われるが、右上がり、(左下から右上の方向)に斜文線の表われるものをいう。
一般的には双糸使いの綾織物の場合に右綾とする。これは双糸の撚り方向(右撚り)に対しては右綾の方が斜文線が明瞭に表われやすいためである。これに対して単糸使いの綾織は左上がり(左綾)となる。

関連項目

綾織
双糸
単糸
左綾

あなたにおすすめ関連記事 Edit


出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

生地種類・用語ページへ戻る
TOP PAGEへ戻る